入試問題の基礎から始め、入試直前の仕上げまでピンポイントで習得!

中学入試出版

tel:0568-84-9949 fax:0568-84-9950

友達追加

製作者募集・講師募集

中学入試出版、入試問題の基礎から始め、入試直前の仕上げまでピンポイントで習得!

入試情報

東大寺学園中学校

学校法人 東大寺学園 東大寺学園中学校

〒631-0803 奈良市山稜町1375 TEL0742(47)5511

大正15年、東大寺により金鐘中等学校として設立、昭和38年の高校開設を機に改称。中高一貫教育を基本として、基礎学力の充実・錬磨につとめ、高等教育への素地をつくる。 進んで心身を鍛練し、個性の伸長・自主性の確立につとめ、いかなる苦難にも屈せぬ気概を養う。東大寺創建の精神にかんがみ、生あるものすべての共存・相互扶助への自覚を深め、情操豊かな人間性の育成につとめる。

受験デ-タ-1:応募者数・実質倍率

募集人員 応募者数 受験者数 合格者数 実質倍率
2018年度 176人 965人 911人 373人 2.44倍
2019年度 176人 934人 884人 351人 2.52倍
2020年度 176人 954人 909人 361人 2.52倍

受験デ-タ-2:配点・試験時間

国語 算数 理科 社会
配 点 100点 100点 100点 100点
試験時間 50分 60分 50分 50分
*400点満点 3科受験は総合点の3分の4倍を総合点とする。

受験デ-タ-3:受験者平均点・合格最低点

国 語 算 数 社 会 理 科 総合点 合格最低点 合格最高点
2018年度 4教科 48.5点 53.8点 72.9点 61.1点 231.1点 239点 342.7点
2019年度 4教科 61.5点 47.0点 70.8点 66.1点 243.3点 253.3点 340点
2020年度 4教科 55.9点 51.9点 65.3点 66.1点 239.8点 250.0点 356点
*4科目受験は各科目の得点を総合点とします。
*3科目受験は各科目の得点の合計の3分の4倍を総合点とします。

東大寺学園中学校 おすすめ教材

東大寺学園中学校の出題傾向

算数:傾向と対策

東大寺中学算数の出題傾向は、文章題分野が全体の40%の割合で、図形分野が37%で続く。この2分野で全体の77%を占める。その他計算分野16%、整数7%である。関数、割合分野は出題されていない。大問5題で、1問目が3題小問に分かれている。計算分野の16%はこの小問の1問にあたる。問題数が少なく、ほとんどが文章題と図形分野の出題であることが特徴的である。
文章題分野では「場合の数」毎年のように出題され、他の単元はランダムに出題される。図形分野では「容積」「対称図形」「図形の移動」が中心の出題である。
文章題分野、図形分野の特徴的出題単元を中心に対策を立てることが必要だ。難問は少ないが、簡単な問題も少ないので、難しい問題に時間をかけず、着実に標準問題を解くことが合否の分かれ目となる。
なお、当出版発行の「分野別中学入試問題集」等を利用し、他の難関校の問題を解くことも力を蓄えるのによい。

国語:傾向と対策

第1問は漢字、次に四字熟語や故事成語、そして、物語文・説明文と続くのが通常のパタ-ンとなっている。漢字の量も熟語や故事成語の量も多いので、この問題は確実に解くようにしたい。また、熟語の成り立ち、慣用句、四字熟語など、広い範囲から出題されている。これらの問題もチェックしておこう。
物語文・説明文は比較的長く、設問では50字~80字でまとめさせたり、説明させたりする問題がいくつか見られるので、日頃から記述に慣れるようにしておくことが対策となる。そのため、日頃から長文をポイントを押さえて速読することを勧める。

理科:傾向と対策

東大寺中理科の出題傾向は、物理分野が38%、生物分野、化学分野と地学分野はほぼ同じぐらいで約20%である。物理分野の出題割合が多いことが特徴である。
単元別に見ていくと、物理分野では「てこ・バネ」「回路」の出題が多く、「光」もこの6年間で2回出題されている。生物分野では「魚の育ち方」「昆虫」、化学分野では「水溶液関連の問題(金属との反応・中和)」、地学分野では「太陽と月」の出題率が多い。各分野の出題単元が特徴的なので、出題傾向に合わせた学習計画が功を奏することもある。
問題文が多いので、時間配分に注意したい。物理・地学分野を中心に比較的難しい問題が出題されるので、時間をかけすぎないようにする。
また、総合問題形式で出題される問題も1題あるので、基本的知識を正確にすることも必要である。

社会:傾向と対策

社会は問題量の多さが目立つ。歴史・地理・公民・時事問題が1/4ずつを占め、全体に均等に出題されている。
時事問題では、「愛知万博」や「ハンセン病の裁判」など今話題となっている事件も出題されている。日頃から新聞に目を通したり、テレビのニュ-スに耳を傾けたりして、社会の動きに関心を持つことが必要だ。
地理の問題では、いくつかの県の人口・産業・工業別出荷額等から県を区別させる等の問題が出題される。このような問題は各県の特色を理解することが必要で、常日頃から整理して覚えておくことが必要だ。
歴史では「図版」表し、それに関連した事件や産業などの問題が出題されるので、教科書の「図版」などを注意深くチェックすることも1つの対策になる。

ページのトップへ